Service Design Impact Report : Public Sector 日本語完全版

2016年にService Design Networkより発表された『Service Design Impact Report : Public Sector』の日本語版(完全版)を公開します。

『Service Design Impact Report : Public Sector』とは

Service Design Network(SDN)では、2015年度から独自の研究活動を開始し、その成果をレポートのかたちで刊行しています。『Service Design Impact Report : Public Sector』は、この調査研究活動の第2弾として2016年に発表されました。このレポートでは、サービスデザインの公共サービスへの適用範囲について、立法、組織変革、行政官の能力開発、市民の巻き込み、ITの活用の5つの方向性から論じており、いま起こりつつある行政サービス改革を多方面から把握することができる内容になっています。


日本語版について

社会課題が複雑化する現在、行政において良質なサービスを継続して提供し続けるためには、日本においても公共サービスへのサービスデザインの適用に関して議論されることが望まれます。そのためにも本レポートの内容を広く知っていただきたいと考え、SDNの許諾をもとに日本語版の制作をすることとなりました。先行して公開していた、概要をお伝えするダイジェスト版に続き、完訳版が。

翻訳に際しては、株式会社コンセントのメンバーのボランティアにより進めていただきました。また、東京大学公共政策大学院の奥村 裕一先生に監修をつとめていただきました。


ファイルはこちら(PDF形式)

閲覧・ダウンロードには、SDNメンバーシップログインが必要です。(フォロワーも可)

Related Headlines

SDN Global Service Design Award 2017: the finalists

Service Design Award 2017: the finalists

SDN has announced this year's Service Design Award finalists!

Continue reading
SDN Global Sherlock, LEGO e o Service Design

Sherlock, LEGO e o Service Design

Conheça dois elementos fundamentais para qualquer processo criativo de Service Design e comece sua jornada de experiências!

Continue reading
SDN Global Service Design Award 2016 : soumettez vos projets français !

Service Design Award 2016 : soumettez vos projets français !

Nous voulons récompenser vos projets de Design de Service ! Le Service Design Network vous propose de vous inscrire dès maintenant. Votre dossier complet est à soumettre avant le 27 mai.

Continue reading
SDN Chapter News Official Chapter in Canada

Official Chapter in Canada

Over the last three months the Canadian Chapter of the Service Design Network has been hard at work: (1) putting in place the necessary infrastructure to administer the chapter, particularly challenging given the geographic span of Canada; (2) promoting the chapter and supporting local events; and (3) planning our first major multi-city initiative. What follows is a detailed accounting of each of these areas.

Continue reading